あなたは本当に教員になりたいですか?【集計結果・なりたい理由Part①】-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップアンケートアンケート結果教員志望度に関する意識調査あなたは本当に教員になりたいですか?【集計結果・なりたい理由Part①】

あなたは本当に教員になりたいですか?【集計結果・なりたい理由Part①】

2013/02/19

カテゴリ
教員志望度に関する意識調査
キーワード
アンケート 教員志望者 教職 恩師

教員志望者78人に聞きました!

教職の授業を受けながら、隣のあの子は本当に教員になりたいのかな?などと思ったことがみなさんもあるのではないでしょうか。今回は、教員志望者の中のどれぐらいの割合の人が将来教員として生きる覚悟があるのかを調査してみました。また、教員になりたい理由や「とりあえず」教職の授業を取っている人の意見、教員以外だったらどんな職業を考えているのかも聞いてみました!アンケートにご協力いただいたみなさん、貴重なご意見をありがとうございました。

● そもそも皆はどうして教員になりたいの? ●
教員志望者の志望動機が知りたい! 上位編 / 下位編

ガチで教員を目指す人の割合

こちらが、現在教員志望者で本当に教員になりたい人の割合です。


教員志望者で3分の2の人は本当に教員になりたいと考えているようです。それでは、教員志望者のみなさんはなぜ教員になりたいと考えているのでしょうか。その理由を見ていきましょう。

 

恩師に憧れて

自分がお世話になった先生に憧れ、自分もあんな風になりたい!と教員を目指す人は多いようです。こちらは、そういったみなさんの声です。

高校の時の先生に憧れたから。勉強だけではなく、先人たちの思いまで伝えていく仕事をしたいとおもった。                                                                                  (女性/ガチ派)
中学のときの先生に憧れて、自分もそうなりたいと思うから。             (男性/ガチ派)
小さい頃からずっと憧れてきた恩師の先生に一歩でも近付きたいから。       (女性/ガチ派)
小さいころから先生という存在に憧れていて、中学の時の部活の恩師の先生がとてもいい先生だった。そのため、私もこんな風になりたいと思い、そこからはずっと家庭科教諭だけを夢見てきた。今は、不登校支援や発達障がい者(児)と触れ合う中で、家庭科という存在感を実感し、家庭科を使って、教師という立場から何かやりたいという気持ちが強いから。      (女性/ガチ派)
学生時代に出会った先生がよく自分もそのような先生みたいになりたいから。また高校サッカーの顧問をやって努力は報われることを伝えたいため。                 (男性/ガチ派)
憧れの先生がいて、その先生のように自分もなりたいと思っているから。      (女性/ガチ派)
中学のとき、英語が好きででもあまり伸びなかったとき、その時の担当の先生が好きならとことんやろう!と言ってくれ、色々な経験をさせてもらった。そんな教師になってみたい。 (女性/ガチ派)
元々子供と関わるのは楽しいし、目標とする先生がいて、その先生のようになりたいと考えていた。さらに、個別教室の塾講師をしていて、教えることの楽しさに目覚めたから。  (女性/ガチ派)


 「恩師の先生に一歩でも近づきたい!」「恩師の先生みたいになりたい!」から教員を目指しているという声は今回最も多かったです。そういった理想像と自分らしさを兼ね備えれば、とても素晴らしい教員になれるのではないでしょうか。自分が教員になった時もまた、生徒に「あの先生のようになりたい」と思ってもらえるような教員になれたら良いですね。

 

人生を変えた人たち

また、進みかけていた道から外れてまでも教員を目指そうというこんな熱い声もありました。

教師になるために仕事をやめたので。                          (男性/ガチ派)

続けていたことをやめるというのはとても勇気のいることです。仕事をやめてまで教師の道を選んだというのはそれほど教育にかける想いが強いからなのでしょう。ぜひ夢を叶えていただきたいですね!

教職は取っていませんが、本気で教員を目指すため、大学卒業後通信に通う予定です。今は教員の道しか考えていません。                                (女性/ガチ派)

一度は別の道に進もうと今の大学・学部を選び、教職も取らなかったのでしょう。しかし大学に通いながら自分の本当にやりたいことが見つかったのですね!大変な道のりになるかもしれませんが、そういった試練を切り抜けてこそ、叶えられた時、子どもたちに大切なことを伝えられる教員になるでしょう。頑張ってください!



おわりに

教員志望者の3分の2は本気で教員を目指しているようです。半数以上ということで、そういった仲間と切磋琢磨してお互いに良い教員になれるよう頑張っていきましょう!教員を目指すきっかけが恩師だという人にとって、先生とは学ぶ楽しさを教えてくれただけでなく将来の夢のきっかけまで与えてくれるという、一生感謝してもしきれない存在になりますね。具体的な目標があるからこそ、教員になるための勉強にも一層身が入ることでしょう。教員志望者が教員になりたい理由はほかにも多くあります。また、アンケートで寄せられた様々な面白い結果があるので、下記の記事もぜひご覧ください♪

 

学校の先生になるなら!知っておきたい行事と部活!

 

『あなたは教員になりたいですか?』記事一覧

【集計結果・教員になりたい理由Part①】
【なりたい理由Part②】
【なりたい理由Part③】
【なりたい理由Part④】
【とりあえず派の人たちの考え(前編)】
【とりあえず派の人たちの考え(後編)】 

記事執筆:五島泉

中高の国語科教員を目指す大学一年生です。教員ステーション運営スタッフとしても頑張っていくのでよろしくお願いします。

コメント

教員ステーションの会員登録はメリットいっぱい!会員登録はこちらから!

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

新規会員登録

会員登録(無料)をすると、各種会員限定記事、ライターアルバイト、賞金付きアンケート、私立教員の限定求人情報などの様々な特典がご利用できます。

新規会員登録
ログイン
塾講師ステーションの会員の方は、同じメールアドレス・パスワードでログイン可能です。
塾講師ステーション

おすすめ記事

【短期アルバイト】日給5万円のエキストラバイトほか-教員志望者向け!短期バイト(大阪・京都・神戸)

教員志望者の中には、教職が遅い時間に入ってしまったり、課題が多かったりして、なかなかアルバイトをする時間がない、という方が多いのではな...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

あなたは本当に教員になりたいですか?【集計結果・なりたい理由Part①】-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ