教職教養ガイダンス―Part 1 教職教養編-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップ試験対策筆記試験対策教職教養ガイダンス―Part 1 教職教養編

教職教養ガイダンス―Part 1 教職教養編

2013/01/11

カテゴリ
筆記試験対策
キーワード
東京アカデミー 教員採用試験対策 教職教養 教育原理 教育史 教育法規 教育心理

教採学習ガイダンス ~教養試験のワンポイントアドバイス!~

 都道府県(市)ごとに傾向が異なる教員採用試験ですが、各科目の学習のポイントは共通する部分が多いものです。ここでは、近年の教養試験の全国的な傾向を踏まえながら、各科目の学習のポイントを見ていきましょう。

教職教養

教職教養のポイント

◆教育原理

 2008年に学習指導要領が改訂されたことから、学習指導要領に関する出題が多くなっています。総則や道徳、特別活動などの各項目、学習指導要領の変遷などは、重点的に学習しましょう。また、従来から出題頻度の高い生徒指導、近年出題が多く見られる障害児教育や人権教育も学習しておく必要があります。  なお、教育時事に関する内容、中央教育審議会答申や各種報告、文部科学省が発表している統計資料などにも注意しておく必要があります。

■教育原理のポイントを分かりやすく解説した記事はこちら! 
 

◆教育史

 西洋・東洋を問わず、主な教育家・学者の人名とその業績は確実に覚えておきましょう。特に近代以降の事項は要注意です。また、歴史的に重要な教育関連の出来事も忘れずにチェックしておきましょう。

◆教育心理

 学習・発達・人格・教育評価など教育心理に関する基本的な内容は学習しておく必要があります。
理論等の提唱者と功績を整理しながら覚えていくとよいでしょう。  また、近年の特別支援教育の動向にあわせて、発達障害等に関する内容からの出題も多く見られます。教育原理の障害児教育や教育時事と関連付けて学習しておきましょう。

■教育原理のポイントを分かりやすく解説した記事はこちら! 
 

◆教育法規

 教育関連法規は非常に多いのですが、試験で出題される条文は限られています。頻出の条文は暗記する必要がありますが、むやみに教育六法のような法規集を1から読むのではなく、教育基本法規、学校教育に関する法規、教職員の法規など、ジャンルごとにポイントを押さえながら、教育六法と参考書を併用して学習すると効果的です。  なお、教育基本法をはじめ近年教育に関する法律の改正が多くなっています。改正された法律については出題が予想されるため、必ず確認しておきましょう。

 

【本試験出題例】

◆教育原理

【問】 次の(ア)~(オ)は、昭和33年から平成10年までの学習指導要領の5回の改訂の特徴を示したものである。年代の古い順に並べた組合せとして正しいものを、次の(1)~(5)の中から一つ選べ。
(ア) 「調和のとれた人間性の育成」「ゆとりのある学校生活」「個性・能力に応じた教育」
(イ) 「道徳教育の徹底」「基礎学力の充実」「科学技術教育の向上」
(ウ) 「国際社会に生きる日本人としての自覚」「総合的な学習の時間の創設」「特色ある学校づくり」
(エ) 「個性重視」「道徳教育内容の重点化」「生活科の創設」
(オ) 「教育課程の現代化、高度化」「系統性の重視」
(1) (オ)→(イ)→(ア)→(ウ)→(エ)
(2) (イ)→(ア)→(オ)→(ウ)→(エ)
(3) (ア)→(オ)→(イ)→(エ)→(ウ)
(4) (オ)→(ア)→(ウ)→(イ)→(エ)
(5) (イ)→(オ)→(ア)→(エ)→(ウ)
【答】 (5)
【解説】(ア)1977、1978(昭和52、53)年改訂。(イ)1958、1960(昭和33、35)年改訂。(ウ)1998、1999(平成10、11)年改訂。(エ)1989(平成元)年改訂。(オ)1968、1969、1970(昭和43、44、45)年改訂。
 
 

◆教育法規

【問】 次の文は、教育基本法の条文である。(    )にあてはまる言葉の正しい組み合わせを、次の(1)~(5)の中から一つ選べ。
第9条(教員)
 法律に定める学校の教員は、自己の崇高な( ア )を深く自覚し、絶えず研究と( イ )に励み、その職責の遂行に努めなければならない。
2 前項の教員については、その( ア )と職責の重要性にかんがみ、その身分は尊重され、待遇の適正が期せられるとともに、( ウ )と研修の充実が図られなければならない。
(1) ア.責務  イ.修養  ウ.研究
(2) ア.役割  イ.修練  ウ.養成
(3) ア.役割  イ.研鑚  ウ.研究
(4) ア.使命  イ.修練  ウ.練成
(5) ア.使命  イ.修養  ウ.養成

【答】 (5)
 

教採学習ガイダンスシリーズはこちらから!

 

教職教養ガイダンス―Part 1 教職教養編

教職教養ガイダンス―Part 2 一般教養【人文科学】【社会科学】編

教職教養ガイダンス―Part 3 一般教養【自然科学】【環境、情報・コンピュータ等】編

 

教採を受けるなら、ほかの記事も今すぐチェック! 

教採受験は大変……忙しくなる前にしっかり稼ぎたい方へ!

 

教採を受けるなら、こちらの記事も必見!

● いつから始める?教員採用試験学習スケジュール
● 教員志望者のアルバイト事情は?教採を受けるなら、どんなバイトをすべき?
● 自己PRのポイントが分かる!教採に必須の教員適性診断! 
 

おすすめ記事

 
 情報提供:東京アカデミー 
東京アカデミーでは、教員になるための試験情報の提供や教員採用試験に向けての通学・通信講座の運営、全国規模・各地域に対応したの模擬試験の実施、人物試験のための個別面接指導を通じて、教員採用試験合格だけを考えるみなさんをサポートします。

記事執筆:五島泉

中高の国語科教員を目指す大学一年生です。教員ステーション運営スタッフとしても頑張っていくのでよろしくお願いします。

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

自己PRポイントを教えてくれる!教職向けの適性診断は、5月のイマが最後のチャンス!

教員採用試験は、願書の提出シーズンのまっただ中。自己PR・自己アピールをどう書こうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。自己アピー...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

教職教養ガイダンス―Part 1 教職教養編-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ