【先生のお給料徹底解剖 Part.4】 都道府県編~男性~-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップ教員という仕事について教員の給料・給与について【先生のお給料徹底解剖 Part.4】 都道府県編~男性~

【先生のお給料徹底解剖 Part.4】 都道府県編~男性~

2012/11/19

カテゴリ
教員の給料・給与について
キーワード
給料 給与 教師 幼稚園 小学校 中学校 高校 公立 私立 国立 都道府県 男女間賃金格差 政府統計 パイロット 大阪府

先生のお給料っていくら?

教師を目指すにあたって不安に思うことは多いですよね。その中でも、特に気になるけどなかなか人にも聞けない…それが「お金」の話。いくら教師への思いが強くても、生きていくためにはお金が必要です。

今回の連載では、なかなか分からない「教員の給与」を解剖していきます!

男性と女性の差って?

前回の記事では都道府県ごとの給与を紹介しました。今回と次回では、二回にわたって、そこからさらに男性と女性の場合に分けて見ていきたいと思います。

男性の場合

(上図:『政府統計の総合窓口』より筆者作成。
詳しい数字のデータはこちらをご覧ください。)

分析

40万円台もいくつか

前回の記事では平均給与月額が40万円を超えたのは東京都の高校教諭のみでしたが、今回は茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、京都、大阪の8つの自治体で超えています。これらの自治体では40万1千~8千円の範囲内でしたが、東京や大阪に至っては42万台です。

大阪の幼稚園

今回興味深いのは、大阪のデータです。幼稚園教諭の給与がとても高くなっています。なんと、小中高のどこよりも高く、その額は42万2700円。他の自治体では男女を分けずに考えた時と同じく、幼稚園がどこよりも低くなっていることが多いです。埼玉、千葉、京都など、他にもそのような例が見られる地域もありますが、大阪ほどではありません。

最高と最低は…

最高は東京都の高校の42万7800円、最低は青森県の幼稚園の18万6700円でした。しかし、この二つの自治体の小学校を比べたとき、青森県は38万円台、東京都は35万円台となっており、実は青森県の方が約3万円高いのです。

コラム『あの職業はいくら貰っているの?』~パイロット編~

年収ラボによると、平成22年度のパイロットの平均月収は90万円。そこから推定される平均年収(ボーナス込み)は1,136万円でした。ですがこれはあくまでも平均で、勤め先の会社によっては2千万円弱のところもあれば、1千万円以下のところもあり、二極化しているのが現状です。

情報参考元:独立行政法人 統計センター 
      『政府統計の総合窓口(http://www.e-stat.go.jp/)』
※本記事中のグラフは全て上の参考元から筆者が作成しました。
  データは全て平成22年度のものです(平成23年3月27日公開)。
【先生のお給料徹底解剖】の目次はこちら

記事執筆:瀬戸 亜希菜

教員ステーションの運営スタッフをしている大学4年生です。
教育に携わる全ての方のお役に立てると嬉しいです。

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

【短期アルバイト】日給5万円のエキストラバイトほか-教員志望者向け!短期バイト(大阪・京都・神戸)

教員志望者の中には、教職が遅い時間に入ってしまったり、課題が多かったりして、なかなかアルバイトをする時間がない、という方が多いのではな...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

【先生のお給料徹底解剖 Part.4】 都道府県編~男性~-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ