国公立?教育学部?どの大学を選ぼう?教員を目指す高校生のための大学選びガイド-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップ教員という仕事について教員免許と取得について国公立?教育学部?どの大学を選ぼう?教員を目指す高校生のための大学選びガイド

国公立?教育学部?どの大学を選ぼう?教員を目指す高校生のための大学選びガイド

2015/05/27

カテゴリ
教員免許と取得について
キーワード
教員採用試験 教職大学院

大学って何が違うの?先生になりたい高校生のための大学選びガイド 

先生になりたいから、偏差値や地域で絞って教育学部を受験する。そんな大学受験の方法を考えている高校生も多いのではないでしょうか。ですが、教員志望者が大学選びにおいて考慮するべきなのは、偏差値や地域だけではありません。 なぜならば、大学生活の間に教員免許の取得や教育実習の準備、教員採用試験の対策などを乗り越えなければならないからです。

この記事では、あなたがあなた自身に本当に合った大学を見つけられるように、さまざまな切り口から大学の特色を解説します。Q&A形式で進めていくので、気になるところだけでもぜひご確認ください。
 

教員を目指すなら知っておきたい!大学の違い

大学、大規模な大学と小規模の大学、どちらが有利?

大規模の大学だと、教員採用試験の受験を支援する部署があり、対策講座が充実していることも多くあります。一方、国公立大や小規模の私立だと、教職課程の教員や大学生協などの教員採用試験セミナーしか頼れるものがない場合もあるので、事前によく調べておきましょう。

なお、国公立は、大学入学時のセンター試験の範囲が教採の筆記試験(一般教養)の出題範囲と似ているため、やや有利だという考え方もあります。
 

教育学部と教職課程、どちらが有利?

教員養成系学部と教職課程の大きな分かれ目は、教採対策のスタートラインの差にあります。詳しくは、教育学部と教職課程、どちらが有利?メリット・デメリットまとめで解説しています。
 

同じ「教育学部」だったら、国公立も私立も同じ?

同じ「教育学部」でも、国公立大は「教員養成」が主な目的です。一方、私立では「教育学」を学ぶという色合いが強いく、そのため、教員免許の取得が卒業要件ではない学部も多くあります(早稲田大学教育学部など)。
 

教員採用試験の合格率が高いのは、国公立?私立?

教員採用試験の採用率(2012年)は、国立の教員養成系学部 26.7%、一般大学 14.7%という結果でした。

なお、「一般大学」とは、国立の教員養成系学部と大学院、短大を覗いた全ての大学です。公立の教員養成系学部や私大の教育学部なども含みます。
 

地方と都市の大学で違いはあるの?

民間企業への就職を考える際に、違いが出やすくなります。教育学部と教職課程、どちらが有利?メリット・デメリットまとめでもご紹介した通り、一般的に、教育学部生の就職活動は、障壁が多いと言われています。ただし、実は以下のような例外があるのです。

  • ・都市圏の総合大学の教員養成系学部や、規模の大きい単科大学の場合、民間企業就職者も一定数いる。そのため、民間企業側もさほど違和感は無い。
  • ・地方の教員養成系の単科大だと、民間志望の学生も少ない。そのため、企業も採用のノウハウが蓄積されていない。
 

教職大学院に進学するメリットって?

自治体によっては、教職大学院の在学者を優遇する特例を設けていますが、その他の点で有利に働くかは明らかではありません。

教職大学院に入学して専修免許を取得しても、給料が少し上がる程度で、校長・教頭への昇進が約束される訳ではないのです。
 

あなたはどの大学に進むべき?

ここまで、大学や学部によって生まれる違いについて解説しました。では結局、あなたはどこに進学するべきなのでしょうか。それは、誰もあなたに教えてあげることはできません。あなた自身が、自分はどのような先生になりたいのか?それは、どんな学校だったらなれるのか?また、そんな学校に勤務するためには、いつ、どんな準備をすれば良いのか?などと自分に問いかけ、考えることによってしか、「あなたの先生のなり方」は見つからないでしょう。

もちろん、自分一人では考えても答が出てこない場合もあります。そんなときには、周りの大人(特にあなたの学校の先生)や家族、友達に相談してみてください。曖昧な気持ちも、改めて言葉にすることで、はっきりとしてくるでしょう。

参考:『教員採用のカラクリ 「高人気」職のドタバタ受験事情』 (中公新書ラクレ)(石渡 嶺司 (著), 新井 立夫 (著))

 

先生になりたい高校生必見!先生になる方法は?完全ガイド

● 教員になる人が多い大学は?ランキング形式でご紹介します!
● 先生になるには?公立・私立教員の試験と採用
● あなたは先生向き?オンラインで誰でも受けられる適性診断を受けてみよう!

記事執筆:瀬戸 亜希菜

教員ステーションの運営スタッフをしている大学4年生です。
教育に携わる全ての方のお役に立てると嬉しいです。

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

【短期アルバイト】日給5万円のエキストラバイトほか-教員志望者向け!短期バイト(大阪・京都・神戸)

教員志望者の中には、教職が遅い時間に入ってしまったり、課題が多かったりして、なかなかアルバイトをする時間がない、という方が多いのではな...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

国公立?教育学部?どの大学を選ぼう?教員を目指す高校生のための大学選びガイド-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ