【願書編】何から始める?教員志望者が初めに読むべき記事7選-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップ試験対策【願書編】何から始める?教員志望者が初めに読むべき記事7選

【願書編】何から始める?教員志望者が初めに読むべき記事7選

2015/05/19

カテゴリ
試験対策
キーワード
教員採用試験 願書 併願

勝負は既に始まっている!願書の心得

教員採用試験を受験する際、最初の関門は願書提出です。志望理由や自己PRを書けば良いだけでしょ?軽い軽い、と思っている方もいるかもしれませんね。ですが、一言で願書提出とっても、実はとても奥が深いものなのです。

そこで、この記事では、願書を提出するにあたり、まず読んでおきたい記事を厳選し、紹介します。出願自治体選びから願書を提出まで、あなたは完璧にこなす自信がありますか?
 

【願書編】教員志望者が初めに読むべき記事7選

  1. 0から始める教員採用試験<公立学校編―Part.2募集要項の入手>
  2. どこを受ける?教員採用試験の併願受験
  3. 見られるポイントは?教員採用試験の願書の書き方
  4. 教員志望者の志望動機・理由が知りたい!
  5. 教員採用試験での自己アピール・PRって?(例文つき)
  6. 自己PRポイントを教えてくれる!教職向けの適性診断は、5月中に完了させよう
  7. 教員採用試験で有利になる資格を紹介します!

 

募集要項っていつ・どこで手に入れるの?

募集要項の配布時期・場所は自治体によって異なります。要項の入手方法の種類や、確認するべきポイント、また、願書提出時の注意点などを解説します。

 

併願先の選び方は?

 受験者に聞く!教員採用試験のキホンQ&A①でもお伝えした通り、4人に1人が併願受験をしています。併願受験を成功させる方法の基本は、志願先の選択。出願自治体の適切な選び方をご紹介します。

 

願書って、合否に関係あるの?

願書と合否の関係は自治体により異なります。ですが、面接の際には面接官が願書に目を通していて、それを基に面接が進むこともあります。そこで、失敗しない願書の書き方、また、周りと差をつける願書の書き方をご紹介します。

 

願書提出の基本!志望動機と自己アピールの書き方

願書には、志望動機や自己PRを記入する欄があることがよくあります。そして、多くの方がこの項目に苦労しているのもまた事実です。そこで、この基本項目の書き方を解説します。

 

自己アピールになる自分の長所が分からない

自己アピールを書こうとするものの、教師という職業において、自分の強みとなる部分が分からない。そんな方も多くいるでしょう。自己PRを書く際に多いに役立つのが、適性診断です。自分を正しく知り、アピールを確実に成功させるためにも、一度受検しておくことをお勧めします。

 

教員採用試験で有利になる資格ってあるの?

願書提出の際に、所有資格や受験した検定の成績などを記入することが多くあります。その際に、ぜひとも書いておきたい資格をご紹介します。教採受験までまだ時間のある方は、ぜひ受験を検討してみてください。

 

こちらの記事もチェック!

今回の記事では教採の2次試験(面接や論作文など)の対策についてご紹介しました。
「そもそも教採ってどんなスケジュール?」「面接の前の筆記試験はどう対策する」
などに関しては以下の記事をご覧ください。 

記事執筆:瀬戸 亜希菜

教員ステーションの運営スタッフをしている大学4年生です。
教育に携わる全ての方のお役に立てると嬉しいです。

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

自己PRポイントを教えてくれる!教職向けの適性診断は、5月のイマが最後のチャンス!

教員採用試験は、願書の提出シーズンのまっただ中。自己PR・自己アピールをどう書こうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。自己アピー...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

【願書編】何から始める?教員志望者が初めに読むべき記事7選-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ