給食がおいしくない・・・?学校給食改善に向けて各地で様々な動きが!-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップ教育関連ニュース【週刊】教育関連ニュースまとめ給食がおいしくない・・・?学校給食改善に向けて各地で様々な動きが!

給食がおいしくない・・・?学校給食改善に向けて各地で様々な動きが!

2015/05/05

カテゴリ
【週刊】教育関連ニュースまとめ
キーワード
給食 弁当 栄養

はじめに

相模原市立中学校の給食のあり方を考える「市立中学校給食検討委員会」は1日までに、約2年にわたる調査結果や会議を踏まえた答申を市教育委員会に行った。生徒全員が給食を食べることの実現や、汁物の提供など給食の改善を盛り込んだ。
市内37の市立中学校のうち、30校で給食として民間業者の弁当を提供する「デリバリー方式」、残り7校が学校給食センター方式を採用している。デリバリー方式では家庭からの持ち込み弁当と選択制のため、給食を食べる生徒は平均で5割を下回っている。
答申では、短・長期的な視点に立った2方針を提案。短期的提案では、デリバリー給食の改善を挙げ、汁物の提供や、米飯の量の選択制などを盛り込んだ。長期的視点に立った内容では、栄養面や食育という観点から、生徒全員が給食を食べることの実現を理想とした。2015/5/2Yahoo!ニュース

本記事では、このニュースを基に給食のあり方について考えていきます。


給食は貴重な栄養源!

まず、学校教育における給食の位置づけを確認しておきましょう。学校給食法には次のような条文があります。

第四条 義務教育諸学校の設置者は、当該義務教育諸学校において学校給食が実施されるように努めなければならない。

このとおり、学校給食の実施は義務教育においては努力義務とされています。

しかし、文部科学省の調査*1によると完全給食(主食と牛乳、おかずが揃った給食)が実施されている中学校は全体の80.1%と、すべての中学校で完全給食が実施されるにはいたっていない現状もあります。

そうした学校給食ですが、子供たちの栄養バランスの上で重要な役割を果たしています。

これを見ると、小学校5年生男子にとって学校給食のあるなしがカルシウム摂取量に大きく影響を及ぼしている可能性が分かります。この傾向は、調査対象となったどの学年においても性別にかかわらず見られました。

もちろん、学校給食によって多く摂取されたと考えられる栄養素としてはカルシウムだけでなく、たんぱく質・鉄・ビタミンA・B等様々ありました。

これらのことから、学校給食によって子供たちの栄養バランスが整えられている側面があると言えるでしょう。


給食がおいしくない場合も・・・

そうした重要な役割を担っている給食ですが、次の記事に見られるような現状もあります。

全国の公立小中学校の学校給食で出るごみが、1人当たり年17.2キロに上ることが、環境省の初の調査で分かった。このうち食べ残しは7.1キロになり、ご飯茶わん約70杯分に相当するという。(2015/4/30毎日新聞

このように学校給食では、かなりの量の食べ残しが発生しています。

その要因の一つとして、給食のおいしさという問題があります。以前、「大阪市の給食、温度・量に工夫の余地?記者が試食」でもご紹介したとおり、学校給食には温度や量の問題で子供たちに不満を持たれていることも多くあります。

それでも学校給食の存在は重要です。

これを見ると、学校給食がない場合多くの家庭で毎日家庭弁当を持たせていますが、一部には家庭弁当を持たせていない家庭もあることが分かります。そして、家庭弁当を持たない場合はおにぎりやパン類で昼食を済ませることが多いことも分かります。これは栄養バランス上好ましいことではありません。

したがって、少なくとも家庭弁当を持たせることが難しい一部の家庭の子供向けに、学校給食という選択肢があることは重要と言えるでしょう。

また家庭弁当を持たせていたとしても、それが必ずしも栄養バランスがとれたものとは言えないことは、前述のとおり学校給食のあるなしで多くの栄養素の摂取量に違いが見られたことからも明らかでしょう。

しかし学校給食という選択肢を用意する上でも課題があります。

まず、どのように学校給食を用意するかという問題を考えます。ニュース記事で取り上げられた相模原市立中学校では民間業者からのデリバリー方式をとる中学校がほとんどで、一部が学校給食センター方式をとっています。この他に自校内で調理する方式もありますが、小学校では一般的であるものの中学校では導入されていません。

自校内で調理する場合であれば、調理してすぐに食べることができるため、保存のために冷やすといった工程をふむ必要がなく、比較的おいしくなると考えられます。しかし、家庭弁当が一般的な中学校において、そうした施設をつくることはやりづらく、おいしさを確保するには工夫が必要となってきます。

以前、給食が冷たい等と批判された大阪市では次のような改善も行なわれています。

  • (1)主食(ご飯)の量の調整
    平成26年8月より、おかわり用のご飯が提供されるようになっています。
    (2)温かいおかずの提供
    平成26年6月より、食缶を利用した温かいカレーが食べられるようになりました。
    平成26年7月より、食缶を利用した温かい汁物(カレーなども含む)が週2回提供されるようになりました。
    平成26年10月より、汁物のうちカレーなどの温かい給食を月3回程度提供していくようになりました。
    平成27年2月より、食缶を利用した温かい汁物・カレーなどの給食を週3回程度提供していくようになります。                   大阪市港区「中学校給食の改善の取組みについて」

せっかく子供たちの栄養を整えようとしたところで、給食がおいしくなく、子供たちが給食を残したり、栄養バランス上好ましくないパンやおにぎりで昼食を済ませたりするというような事態に陥れば元も子もありません。こうしたものも含め、学校給食に工夫が求められています。


関連記事

学校給食の献立別カロリーは?なんと最高○○kcal!

給食でアナフィラキシーショック!?~教員なら知っておきたい、アレルギー対応~

私立の給食が凄かった!あの名門私立小のこだわり給食

  • ~あなたの思い・知見を記事にしてみませんか?~
    • 教員ステーションでは記事内容についてのご意見や記事原稿を募集しています。
    • あなたの声を聞かせてください。有益な情報はサイトでご紹介させていただきます

    • ご投稿は以下のリンクより受け付けております。
    • みなさまのご投稿、お待ちしています!

      ご投稿はこちらから

    • 掲載時の氏名表記については本名でもペンネームでの対応も可能です。
    • お気軽にご投稿ください。

記事執筆:さくま

都内で政治学を学ぶ大学生です。
みんなが活き活きと生きられる社会を目指しています。

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

【短期アルバイト】日給5万円のエキストラバイトほか-教員志望者向け!短期バイト(大阪・京都・神戸)

教員志望者の中には、教職が遅い時間に入ってしまったり、課題が多かったりして、なかなかアルバイトをする時間がない、という方が多いのではな...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

給食がおいしくない・・・?学校給食改善に向けて各地で様々な動きが!-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ