いじめは目的ではなく一表現?~いじめっ子のエネルギーをプラスの方向へ!~-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップ指導法指導ノウハウいじめは目的ではなく一表現?~いじめっ子のエネルギーをプラスの方向へ!~

いじめは目的ではなく一表現?~いじめっ子のエネルギーをプラスの方向へ!~

2015/05/14

カテゴリ
指導ノウハウ
キーワード
いじめ 心理 原因

はじめに

いじめをなくすことを声高に叫ばれている昨今の世の中。そうした中でどのようにしたらいじめをなくすことができるのかを、いじめをしてしまう子供たちの気持ちをふまえながら考えていきます。


「いじめの目的は相手を追い込むため」ではない

教員採用試験の勉強していると、いじめ対策推進法をはじめとして様々な法令等に出会うことがあります。しかし私からすると、そのようなものたちはいじめの上っ面しか捉えていないもののように感じます。それらを見ると、「事件は現場で起きているんだ」と言いたくなってしまいます。

いじめって、相手を精神的にも物理的にもコテンパにすることが、あるいは自殺させることが目的だと思いますか?もし、それらが目的とするならば、それらを果たした時の彼らは、本当に満足していますか?

仮説ですけど、私が思うに、空虚の二文字から彼らは逃れられていないのではないでしょうか。だからこそ、手当たり次第、誰かしらをターゲットにしてという、対象を変えただけの反復行動で、一時的にその空虚から逃れようとしているだけなのだと思います。いじめって目的ではなくて手段、もっと言えば表現、もっともっと言えば空虚感を示すための一表現なのではないのかと思うのです


彼らの空虚感の原因とは

その仮説がある程度妥当性を帯びていた場合、仮にいじめを無くすことが出来たとしても、空虚感は彼らの下、あるいは周囲に漂ったままで、結局、他の表現方法に移行していくだけなのではないかと考えられます。その表現が、社会的にプラスになると言われているものへ移行すればいいですけど、そうではない場合もあるのではないでしょうか。

これも直観的です、子ども達からすれば、学校=社会という側面があって、その学校と社会を嫌がってそういった一表現を取っているんですから、学校あるいは社会に対抗するための表現、つまり社会的にマイナスになる他の表現を取る可能性の方が高いのではないでしょうか

よって、いじめだけをなくそうとして、仮に無くせたとしても、非行といったような、社会的に問題となるような他の問題が噴出するだけなのではないでしょうか。それは他の社会的に問題とされている問題もしかりで、その問題を個別に対応していこうとすればするほど、その案件は一見解決したように見えても、他に移行していくのではないでしょうか

つまり、いじめを初めとする社会的に問題とされている数多の問題は、エネルギー保存の法則に当てはまると思うんです。よって、問題の所在は、問題の根絶そのものにあるのではなく、保存されているエネルギーを、いかにして社会的にプラスな方面に持っていけるか、だと思うです。

彼らの抱える空虚感の原因は、1.やりたいことをやれていない=現在に満足することがほとんどない、2.自分が今している勉強というものが社会とどうつながってくるのかがはっきりと見えていない、こと等により、現在の自分の空虚さが絶えず膨張し、その膨張する1つの風船に対して、もう1つの風船である思い描く理想の自分が同じように膨らみ、その2つが絶えず押し合っていることではないでしょうか。


いじめのエネルギーをプラスの方向へ

エネルギーを社会的にプラスな方面に持っていくためには、まず、上記の1.と2.の両方について、耳を傾けてあげることが必要です。1.と2.の趣向は人によって異なりますから、耳の傾け方は個人個人に合わせていくことになります。つまり、彼らの1.と2.の状態に対して、彼らの要望に沿って応答していくということです。

次に応答していく中で、社会的にプラスな方面を提示、提案していくことが必要です。何も先生方により完璧に近い人間になれ、などとは言いません。その努力は無理をしない程度にしていただければ十分です。

一教員だけでは、世界が狭すぎます。限界があります。多種多様な人間が、1人に対して関わっていくことが求められているのではないでしょうか。教育、そのような多種多様な人間によるかかわりの一つの柱としての役割を果たしてほしいと思っています。


関連記事

「小学校でいじめ過去最多」は問題か?自治体間で200倍の開き

補導歴ある子らに「道警学習塾」!非行からの脱却へ

  • ~あなたの思い・知見を記事にしてみませんか?~
    • 教員ステーションでは記事内容についてのご意見や記事原稿を募集しています。
    • あなたの声を聞かせてください。有益な情報はサイトでご紹介させていただきます

    • ご投稿は以下のリンクより受け付けております。
    • みなさまのご投稿、お待ちしています!

      ご投稿はこちらから

    • 掲載時の氏名表記については本名でもペンネームでの対応も可能です。
    • お気軽にご投稿ください。

記事執筆:にわとり

教員養成系の大学生。教育は生きるための手段に過ぎないと考えています。

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

【短期アルバイト】日給5万円のエキストラバイトほか-教員志望者向け!短期バイト(大阪・京都・神戸)

教員志望者の中には、教職が遅い時間に入ってしまったり、課題が多かったりして、なかなかアルバイトをする時間がない、という方が多いのではな...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

いじめは目的ではなく一表現?~いじめっ子のエネルギーをプラスの方向へ!~-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ