2015年5月22日に大地震!巷で噂の3つの根拠とは?-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップ指導法指導ノウハウ2015年5月22日に大地震!巷で噂の3つの根拠とは?

2015年5月22日に大地震!巷で噂の3つの根拠とは?

2015/05/15

カテゴリ
指導ノウハウ
キーワード
地震 防災教育 5月22日

5月22日に大地震が起こる!?

東日本大震災から4年以上経った現在。首都直下型地震や南海トラフ地震などの巨大地震が、いつ起きてもおかしくない状態だと言われています。そして、まことしやかに各所で囁かれているのが、2015年5月22日に関東大地震が起こるというもの。この記事では大地震の噂の根拠と反論、また、あなたが避けるべき行動をご紹介します。
 

 

5月22日地震説の噂はどんなもの?その根拠は?

根拠① 養護施設の子どもが…

東日本大震災発生前のこと。養護施設の子どもたちが、「さんいちいちゆ~らゆら」と歌っていました。そして、2011年3月11日。実際に大震災が発生しました。この子どもたちが、今度は、「ご~に~にぐ~らぐら」と歌っているとのこと。しかし、この情報は2012年の内から言われているため、2015年と特定することはできません。
 

根拠② 予知能力者が○○と予言

世界同時多発テロや阪神淡路大震災を予言した人物が、2015年に地震が起こると言っている。芸能・スポーツニュースの発生を見抜いた占い師が、5月末の関東で、地震によって怪我をしたり、死亡したりする人々の様子が見えると言っている。このような情報が、書籍やテレビ・ネット上で行き交っています。

考えてみると、社会的に大きな出来事が起こる度に、「実は○○によって予言されていた」という報道が度々行われています。スピリチュアルな能力や、普通の人間が持たない超能力は人々の関心が向きやすいのでしょう。
 

根拠③ 日食の前後は自然界が変動 

前日5月21日に金環日食が起こるから、その次の日は危ない、天体イベントと地殻変動は関連している!と語るサイトなどもあります。ですが、5月21日に金環日食、というのは、2012年の話であって、2015年には天体的なイベントは起こらない予定です。少なくとも、この日食に関する根拠は、誤った情報だと考えられます。
 

5月22日に地震は起きない?反論など

反論① 昔からたくさんの予知が行われ、外れてきた

これまでにも、多くの人が、様々なことについて予言をしてきました。その中には確かに、当たったと思われるものもあるでしょう。ですが逆に、外れたものもたくさんあります。むしろ、外れた予知の方が多いでしょう。

5月22日に関する予言も、遅くとも2012年のうちから各所で囁かれています。ですが少なくとも2012〜2014年の3回分の5月22日では、予言された大地震と思われる現象は何も起こっていません。
 

反論② 5月22日に地震は起こる

日本ではほとんど毎日、どこかで地震が起こっています。気象庁の発表資料によると、2015年4月3日〜4月9日の1週間だけでも、震度1以上の地震は22回もありました。体で感じない程度の地震を含めれば、遥かに多くの回数となります。当然、2015年5月22日にも地震は起こるでしょう。

 

 

地震発生に備えて、あなたが絶対に避けるべき行動5つ

① 何でも人から言われた通りに行動する

その情報は間違っている可能性がある

「阪神淡路大震災を予言した人物が、近いうちに地震が起こると言っているらしい」と聞いたときに、あなたはどう思いますか。更に、○○で地震が起こるから、その日に○○にはいてはいけない、という情報を聞いたら。本当かもしれない、逃げなくては、と不安になるでしょうか。それとも、ばかばかしい、と一笑するでしょうか。

はっきり言って、あなたが誰かから聞いた情報は全て、確実だとは限りません。地震予知だけではなく、全てにおいて、です。例えば、海外旅行に行く計画を立てているとき。その国のお金はこれから高くなっていくだろうから、別の国にした方が良いよ、と言われたら。もしくは、就職先で悩んでいるとき。この業界なら絶対安定しているから、ここが良いよ、と言われたら。行きたかったその国に行くのを止めますか?希望していた業界から方向転換しますか?

専門家の細かい分析に基づく忠告ならまだしも、一般の家族や友達がなんとなくしてくれたアドバイスの場合、果たしてその予測どおりに物事が進むでしょうか。人から言われた通りに行動して、自分の頭で考えなかったり、心の動きを無視したりし続けたとき、いつしか「やりたかったけれどもやらなかったこと」がたくさん積み重なっているでしょう。そんな人生は、なんだか寂しくありませんか?
 

専門家も間違える

ちなみに、専門家も間違うことはあります。金融危機の前には米国金融の専門家が自信満々にサブプライムローンを売っていました。医師は6回に1回の誤診をする、という調査結果もあります。また更には、過去には自分の主張に都合が良いように自分に有利なデータだけを用いたり、ねつ造したりした専門家もいました。専門家は絶対に正しい、と妄信することは避けたいところです。(参考:『クーリエ・ジャポン』, 講談社, 2015年5月号 p.46-47)
 

② 物事を先延ばしにする

「また明日やればいいや」、「あれはまた今度」。普段、よく使ってしまう言葉ですね。でも、もはや地震はいつ起こるか分からないもの。「明日」が本当にくるかどうかなんて、全く根拠の無い予想にしか過ぎないのです。

お礼は次に会ったときに伝えればいいや、あの人とはまた今度ゆっくりと話そう、いつかあれを食べたい…もしかしたら、それは、実現できないで終わってしまうかもしれません。
 

③ 「これでいいや」といい加減な行動をする

 本当は毎日もっと服装をおしゃれにしたいけれども、着こなしも分からないしお金ももったいないし、適当に妥協しても良いかな。本当は完璧なレポートを出して、完璧な成績を出してみたいけれども、コツコツ頑張るのは面倒くさいし、直前にやって最低限の合格点がとれれば良いかな。

こんな考え方を、あなたはついついしてしまっていませんか?でも、これだと中途半端な行動の積み重ねになってしまいます。ちょっと服装に不安になりながら毎日を過ごすより、思い切ってちょっと時間やお金を使って自信の持てる服を身につける方が、また、やるべきことをやっていないなぁと罪悪感を常に感じているより、目の前のことに向かって努力を続けられている方が、自分自身が輝いている気がしませんか。
 

④ 常に忙しくし過ぎる

勉強や仕事などに追われて、本当に自分が好きなこと・したいことを諦めていませんか。いつかできればいいや、と思っていても、そう思っているだけでは、その「いつか」は来ないでしょう。

あなたは、もしかしたら24時間後には生きていないかもしれません。大けがを負っているかもしれません。地震に遭ったり、事件・事故に巻き込まれたりしない可能性が、どこにあるというのでしょうか。ストレスをたくさん抱えるだけの人生だった、ということのないようにしたいですね。 
 

⑤ 自分の可能性を信じない

留学をしてみたい、あの職業に就きたい、でも、学年が下がるのが怖い、お給料が低いのが不安で、挑戦できない。日常生活のなかにもきっと、本当はやりたいけれども、失敗や周りの目を気にしてできないでいることがあるでしょう。

でも、失敗しても、あなたを支えてくれる人はたくさんいます。やり直す機会だって、掴もうと思えばたくさんあります。それに、挑戦してみたら見事に成功するかもしれません。いつ終わるか分からない人生、せっかくなら自分の可能性の豊かさを感じながら、好きなことにたくさん取り組んでみたいと思いませんか。
 

この情報は正しい?自分の価値観に基づいて判断できるようになろう

5月22日の噂と反論、注意事項はいかかでしたか。この記事で伝えたかったことは主に2つ。無闇に情報に振り回されないこと、後悔しない人生を送ることの楽しさです。自分の頭で考えて、心に正直に行動できれば、あなたの人生はとびっきり充実感溢れるものとなるでしょう。

あなたが教員志望の場合、子どもたちにも、情報に惑わされないように、また、活き活きと過ごせるように働きかけられるようになりたいですね。

 世の中の流れに追いつこう!ネットで話題になっていることを集めました!

● 私立の給食が凄かった!あの名門私立小のこだわり給食
● 【厳選】話の小ネタに!知恵袋の面白いひっかけ問題
● 拝観料は自腹?夜は寝られる?先生たちの修学旅行! 

記事執筆:瀬戸 亜希菜

教員ステーションの運営スタッフをしている大学4年生です。
教育に携わる全ての方のお役に立てると嬉しいです。

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

【短期アルバイト】日給9100円!採点バイトほか-教採に役立つ、子供と関われる教育アルバイト!

大学生活は何かとお金がかかるもの。アルバイトをしたことがある人がほとんどかと思います。しかし、「どうせアルバイトをするなら、教員採用試...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

2015年5月22日に大地震!巷で噂の3つの根拠とは?-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ