【教員採用試験】集団討論のポイントとは?-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップ試験対策【教員採用試験】集団討論のポイントとは?

【教員採用試験】集団討論のポイントとは?

2014/05/26

カテゴリ
試験対策
キーワード
教員採用試験 集団討論 対策 傾向

最近の傾向は「人物重視」

少子化が進む今、教員採用試験の門はますます狭くなっています。実際、今後の教員の採用予定数は著しく低下するそうです。また、講師として経験を積んでいても、正規採用されるまで5年、10年かかることも珍しくありません。しかし、一刻でも早く受かりたいのが正直なところですよね。

教員採用試験の最近の傾向として挙げられているのが、「人物重視」です。もちろん筆記試験の点数も審査対象ですが、自治体によっては面接や討論などの方が配点が高くなっています。

例:大阪府の場合

  • 【第二次選考】
  • 「面接テスト及び筆答テスト」         面接:420点  筆答:400点 
  • 「面接テスト、筆答テスト及び実技テスト」  面接:420点  筆答:340点  実技:60点

他にも点数配分を公開している自治体はあるので、まずは受験予定地の傾向を調べてみることをおすすめします。


さて今回は、集団討論のポイントについてまとめました。面接と違い、討論では個人のアピールをすることは難しいです。でも大丈夫、集団討論で特に見られているのは個々人の能力ではありません!では一体どうしたらよいのでしょう?

 

集団討論では何を見られている? 

集団討論では、「周りはみんなライバルだから、他の人より自分の良いところをアピールしなくては……!」などと考えてしまいがちです。もちろん、気後れせず積極的に発言することは大事ですが、集団討論で見られているのは次の二点です。
 

集団討論の評価ポイント 

「人の話を聞く力」 

集団面接にも言えることですが、いくら話したいことがあるからといって一人でしゃべり続けてはいけません。集団討論では周りの人の意見にしっかり耳を傾けましょう。自分だけでなく、受験者全体で議論を深めていく必要があります。誰がどんな主張をしているのか、出来ればメモを取りながら討論をするのがおすすめです。

「協力して課題解決に臨む姿勢」

ここでいう「課題」とは討論の議題のことですが、討論の際には「この議題で何を話し合えばよいのか」をしっかり理解しておく必要があります。議論が白熱すると、話の内容が本来の議題から逸れていってしまうことがありますが、これは大きなマイナスポイントです。注意しましょう。
また、最後に討論全体を振り返って受験者に「まとめ」をさせる場合もあります。先程のメモを活用しながら、自分の意見をまとめておくようにしましょう。


 

発言するとき気をつけることは?

次に発言する際のポイントですが、まずは「ハッキリと自信をもって」が鉄則です。そのために、軸となる自分の考えをできるだけ明確にしておきましょう。議題が伝えられたら、その内容に対しまずは一分で話せるぐらいの意見を準備しておくと◎。

討論の中での意見の出し方については、以下のようなことに気をつけるとスムーズに話が進みます。ぜひ試してみてください。
 

発言時のアドバイス 

  1. 他の人の意見への賛同、共感、または反論。(周りの意見をよく聞いておこう。)
  2. 具体例の補足。(自分の体験談など、実際のエピソードがあると聞く側にとって分かり良い。)
  3. 全体への質問 。(自分の考えを述べた上で、それに対する意見を求めてみる。)

「分かりやすく話すにはどうしたらよいか」は、聞く側の立場になって考えてみると分かります。少しの工夫で、相手に伝わることばの印象は大きく変わります。声の大きさ目線表情なども意識できると良いですね!


こんなとき、どうする?

教員採用試験は、すでに現場で生徒を指導している講師の方も受験しています。現役大学生がいくら教育実習や学校ボランティアで経験を積んでいたとしても、実際の現場に携わっている講師の方とは比べものになりません。そんな講師の方の意見や考えを討論の場で聞くと、自分の意見に自信が持てなくなることもあると思います。

しかし、面接官は経験の差を十分に分かっています。ことばの説得力の差に戸惑うかもしれませんが、「自分が教師になった時にどうするのか」という視点で意見を展開するようにしましょう。

講師の方には、自分がこれまで体験したことを生かし積極的に議論を深めてもらえると思います。集団討論は協調性ありきのいわばチームプレイ。全員で選考を突破する気持ちでいきましょう!

 
 

まとめ

筆記試験や模擬授業と同様、集団討論も努力次第で必ずレベルアップできます。試験当日までに、なるべく本番に近い形での練習を積み重ねておきましょう。入念な準備が、当日の自信につながります。受験生のみなさん、頑張ってください! 

 

  • ~あなたの思い・知見を記事にしてみませんか?~
    • 教員ステーションでは記事内容についてのご意見や記事原稿を募集しています。
    • あなたの声を聞かせてください。有益な情報はサイトでご紹介させていただきます

    • ご投稿は以下のリンクより受け付けております。
    • みなさまのご投稿、お待ちしています!

      ご投稿はこちらから

    • 掲載時の氏名表記については本名でもペンネームでの対応も可能です。
    • お気軽にご投稿ください。

 

関連記事

【筆記編】何から始める?教員志望者が初めに読むべき記事7選!
【2次試験編】何から始める?教員志望者が初めに読むべき記事7選!

記事執筆:あらき

大学三回生です。
国語科教員免許取得を目指し勉強中です。

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

【短期アルバイト】日給9100円!採点バイトほか-教採に役立つ、子供と関われる教育アルバイト!

大学生活は何かとお金がかかるもの。アルバイトをしたことがある人がほとんどかと思います。しかし、「どうせアルバイトをするなら、教員採用試...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

【教員採用試験】集団討論のポイントとは?-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ