教員採用試験勉強会~教師に大切なもの~-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップコラム講演会・イベントレポート教員採用試験勉強会~教師に大切なもの~

教員採用試験勉強会~教師に大切なもの~

2015/04/06

カテゴリ
講演会・イベントレポート
キーワード
教員採用試験 勉強会 プレゼン ボイストレーニング


第一回 教員採用試験勉強会~授業研~

3月15日(日)に東京都 高円寺北区民主会場で行われた、教員採用試験勉強会に参加してきました。今回の勉強会のテーマは授業力。「新しい教育法」への深みある勉強です。

  • 開催日時 : 2015年3月15日 9時15分~11時45分
  • 参加費用 : 一般 500円、学生 300円(印刷費や会場費)
  • 受講者の年齢層 : 20歳から30代の大学生、 臨時教員等、16名程度

 

本勉強会について

教員研修のプロ講師や現職教員などをアドバイザーとして招き、本勉強会を通して教員になってからの「即戦力」となるような知識、スキルを学びます。

今年で9年目となる本勉強会。過去8年間に東京都のみならず、他県の教員採用試験にも合格実績があります。

挨拶(活動紹介)

会はあいさつから始まり、まず初めに主催者側の簡単な自己紹介が始まりました。スタッフには現職教員や大学生もいます。冒頭では

「生徒にやってほしいような挨拶をしてください」

ここであいさつの大切さを改めて実感しました。

「よろしくお願いします」と言った後に礼をするようにと指示を受け、全員でやってみると、、、

気を付けー!!よろしくお願いします!
よろしくお願いします。

元気よく挨拶はできたものの、礼とあいさつを同時にした受講者がやはりいました。その後、二回目の挨拶で全員成功。

そして、同じ一時間を過ごすにしてもだらだらと過ごすより勉強などをして内容の濃い一時間にしたほうがよいということ、勉強会で楽しむだけでなく、何のためのトレーニングなのか、しっかりとした目的意識を持って臨んでほしいということ、新しい教育であるグローバル化、アクティブラーニング、ICT教育などの重要性についてもお話をされました。

 

ボイストレーニング

次に教師の仕事や面接に重要なボイストレーニングを行いました。

まず、母音であるあ行の段の発生の仕方、口の開け方を学び、次に実際に発声練習を行いました。

あいうえお
 いうえおあ
  うえあおい
   えおあいう
    おあいうえ

1文字1文字、言葉の球を飛ばすようにゆっくりと1行目を発し、2行目、3行目…と読んでいきます。その次に1行目→2行目、2行目→3行目、3行目→4行目…と読みます。それから1行目→2行目→3行目、2行目→3行目→4行目…のように発声していきます。慣れてきたらどんどん速さを増していきます。このようにして、ボイストレーニングを行いました。

このボイストレーニングの目的は自分に無理のない発声で通りやすい声を作るためだといいます。ポイントは口をはっきり大きく開け、言葉の球を飛ばすように発声することだそうです。

 

イマジネーショントレーニング

イマジネーショントレーニングについてお話をいただきました。

どのようなトレーニングかというと...

  1. 少人数のグループを作る。
  2. 出題者が様々なワードの書かれたカードから無作為に2枚のカードを抽出する。
  3. 2枚のカードから連想される言葉をできるだけ多く紙に書き出す。
      (水族館と魚というワードであれば、そこから連想して水やデートなど...)
  4. 数分間で自分の考えをまとめ、次の数分でグループ内で共有し、他のグループに発表する。

これにはどのような目的があるのでしょうか。

このトレーニングを通してどのような発想の拡げ方をするのか、発想力を育成するためなのです。生徒の発言した内容をただ否定してしまうと、生徒の自由な発想は奪われてしまいます。

そしてイマジネーショントレーニングが始まりました。初めに出された2枚のカードは動物園です。数分間で自分が考え出したものは・ペンギン・白クマ・清掃・雨の4つです。その後、グループ内で出たものを見てみるとライオンやサルフラミンゴ、自販機、ほかのグループが考え出したものは安全、豊かさ、水稲、生命、プールなどです。いろんな発想があるものだなと思いいかに自分が狭い考え方、発想を持っているのか身に染みて考えさせられました。

 

ディスカッショントレーニング

5人1組のグループでディスカッショントレーニングを行いました。与えられたテーマは「これからの時代、教師に必要な資質とは何か」

まず最初に数分間で個人的な考えをまとめ、15分間でグループで話し合い、その中で役割分担をしました。(司会進行、書記、タイムキーパーなど)それから、プレゼンをするためにまとめを数分間。

役割分担をする重要性はそれぞれにあります

  • 司会進行
  • 司会は討論の進行役であり、一部のメンバーで盛り上がるのではなくグループ全体に平等に発言する機会を与えていく役割を持ちます。

  • 書記
  • 書記は議論で上がったものをまとめる役割を持っています。ただ出た内容を記録用紙に書くだけではなく、それらをまとめるのです。それゆえ一番重要な役割だとも言えるのではないでしょうか。
  • タイムキーパー
  • タイムキーパーは時間管理役です。議論が始まった時間を記録し、何分経過したかを知らせることが役目です。「他には時間が来そうになったのでまとめてみませんか」などの声掛けを行うこともその役割の1つだと私は考えます。

 

「これからの時代、教師に必要な資質とは何か」

私たちのグループではICT教育、機器操作の基本的な知識、コミュニケーション能力(対話する力、保護者対談力、市域住民との対談など)、情報収集能力、メンタルの強さ、教科の専門性などがこれからの教員に求められる資質と考えました。

 

 プレゼンテーショントレーニング

プレゼンのルールは3分間におさめるということ。その他は自由、ホワイトボードを使用してもいいし、どんな場所でしてもいい、聴衆をどのような位置に配置してもいいという条件でトレーニングを行いました。

わたしたちのグループでは聴衆をいかに納得させるかということを踏まえながら、グループでまとめたことをどのようにプレゼンするかを考えました。

先ほどのディスカッションの中で出たことを基盤にプレゼンすることを考えました。

それらの資質能力をコミュニケーション能力、対応力(現職教員の経験)、ICT教育の3つにわけて考え発表しました。進行するものが一人、3つの事柄を話す人がそれぞれに対して1人、まとめるものが1人の合計5人の人にそれぞれ役割が与えられ、プレゼンを行いました。とても緊張感あるプレゼンとなり、自分の力のなさを改めて痛感しました。

 

まとめ

今回の教員採用試験勉強会に参加してみて、特に自分のためになったなと思うのはボイストレーニングです。普段の生活の中で大きな声を出して発声練習をする機会はなかったので、いい経験になりました。イマジネーショントレーニングはこのようにして自由な発想を鍛えるゲームがあるのだなと思い、どんどん活用していきたいと思いました。

 

教員採用試験勉強会~第2回勉強会~ 

 

日時:4月26日㈰-09:15~11:45
場所:杉並区産業商工会館(阿佐ヶ谷駅南口徒歩5分)

個人面接対策を含む多数のトレーニングを行います。

 

「教員採用試験勉強会~授業研~」で検索

→twitter・facebook・mixi コミュニティーがあります!
授業研スタッフ募集中!
スタッフ限定特典!東京都の元校長先生による採用試験の面談や論作文対策もあります。



 関連記事

 [一般職能]プレゼンテーション演習 
教員採用試験の英語面接対策って何したらいい?!〜合格者に聞きました〜

 


  • あなたの思い・知見を記事にしてみませんか?~
    •  教員ステーションでは記事内容についてのご意見や記事原稿を募集しています。
    • あなたの声を聞かせてください。有益な情報はサイトでご紹介させていただきます

    • ご投稿は以下のリンクより受け付けております。
    • みなさまのご投稿、お待ちしています!

      ご投稿はこちらから

    • 掲載時の氏名表記については本名でもペンネームでの対応も可能です。
    • お気軽にご投稿ください。

記事執筆:カトウ

現在大学生三年生で理学を専攻しており、高校数学の教師を目指しております。

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

【短期アルバイト】日給5万円のエキストラバイトほか-教員志望者向け!短期バイト(大阪・京都・神戸)

教員志望者の中には、教職が遅い時間に入ってしまったり、課題が多かったりして、なかなかアルバイトをする時間がない、という方が多いのではな...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

教員採用試験勉強会~教師に大切なもの~-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ