給食でアナフィラキシーショック!?~教員なら知っておきたい、アレルギー対応~-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップコラム日本の教育給食でアナフィラキシーショック!?~教員なら知っておきたい、アレルギー対応~

給食でアナフィラキシーショック!?~教員なら知っておきたい、アレルギー対応~

2015/05/01

カテゴリ
日本の教育
キーワード
アレルギー 給食 学校給食 教員 食物アレルギー

アレルギーを持つ子どもは全国で約45万4千人!

近年、日本では食物アレルギーを持つ子どもが増加していると言われています。文部科学省によると平成25年の調査では、食物アレルギーのある公立小中学校の児童生徒は、全国で約45万4千人、全体の約4.5%であるということがわかっています。(「学校生活における健康管理に関する調査」中間報告より)

このように、食物アレルギーを持つ児童生徒には、学校給食などの場面で、学校にも適切な対応が求められます。例えば、学級に、食物アレルギーがある子どもがいたら、どのような対応が必要でしょうか?「食物アレルギー」について、基礎知識から学校での対応などを考えてみましょう。


↓↓合わせて読みたい↓↓
 アレルギー事故を防ぐにはどうしたらいいの!?エピペンを知っていますか? 

食物アレルギーとは?

食物アレルギーの基礎知識~その症状・原因・食べもの~

食物アレルギーとは、原因となる食べ物を摂取した後に、身体に様々な症状が出る現象のことです。アレルギーの症状の例としてあげられるものは以下の通りです。

  • ・蕁麻疹などの「皮フ症状」
  • ・呼吸困難や咳、鼻水などの「呼吸器症状」
    ・まぶたや唇、喉が腫れる「粘膜症状」
    ・吐き気や嘔吐、下痢などの「消化器症状」
    ・意識を失ったり、ぐったりする「全身症状 」

 

原因となる食べ物としては、「鶏卵・牛乳・小麦」が主要なものとしてあげられますが、その他にも以下のような食べ物が原因としてあげられます。

  • ・ピーナッツ
  • ・イクラ・エビやカニなどの甲殻類
  • ・ソバ
  • ・大豆
  • ・キウイ


特に、小中学生の子どものアレルギー原因食物として多いのは、その他としてあげたものが多いようです。

学校給食でも、これらの食物が献立に含まれていることがあります。例えば、豆腐、味噌汁やエビフライ、パンの付け合せのピーナッツバターなどが考えられますね。このように、給食にもアレルギー原因食物が含まれることが考えられるので、アレルギーのある児童生徒には注意を払う必要があるでしょう。
 

命に関わる症状、アナフィラキシー

アレルギーの症状において、最も気をつけるべきことの1つにアナフィラキシーがあります。これは、原因食物を摂取したあと、先に述べた複数の症状が急速に同時進行していくことを指します。

アナフィラキシーは症状が一分一秒の単位でとても速く進行します。時にはショック状態や重度の呼吸困難が起きるため、命にも関わるものであり、早期の発見と対応が求められます。もし、給食の時間にアナフィラキシーが起きた生徒がいたら、教員には迅速で適切な処置が求められるのです。



アレルギーへの対応、学校・教員に求められることとは?

1.アレルギーの児童生徒の把握

ある学校では、入学や進級のタイミングで、アレルギー調査票を保護者に配布し、食物アレルギーの有無を記入してもらうようにしているそうです。調査票をもとに、アレルギー相談が必要な家庭と連絡を取り、栄養教諭や担任との相談を行います。相談の結果、保護者が学校での食物アレルギーへの対応を望む場合や配慮が必要であると考えた場合には、「学校生活管理指導表」を提出してもらいます。
 

2.個別支援プランの作成と周知

保護者から提出してもらった「学校生活管理指導表」を基に、保護者との面談を経て、給食での対応を検討します。その後、アレルギー食物が給食で出た場合の対応(除去食にするか、弁当を持参してもらうか)などを検討し、全教職員への周知を行います。このような徹底した対応で、アレルギーが原因となる不慮の事故を未然に防ぐことに努めているそうです。

 

教員を志ざす者として

教員になり、配属される学校、担任や副担任を務めることになる学級には様々な児童生徒がいます。勉強を教えることはもちろん、児童生徒が安心安全に生活できるようにするのも教員の仕事のひとつです。今回取り上げた食物アレルギーは「どの学校・学級においても起こりうること」であると言えるでしょう。教員は、知識を持ち、常に危機管理体制を持っておくことが必要であるのではないでしょうか。

更に詳しく、食物アレルギーへの対応や現場の先生の声をお伝えしている記事 「アレルギーによる事故を防ぐには!?~教員なら知っておきたい、アレルギーとエピペンのこと~」 も合わせてご覧ください。
 

参考資料

日本学校保健会ホームページ
 学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン
教職研修2014年7月号

 

関連記事

【おすすめ】アレルギーによる事故を防ぐには!?~知っておきたい、エピペンのこと~

【おすすめ】調布アレルギー事故から学ぶ、教員に求められることとは?~教員なら知っておきたい、アレルギーのこと~

給食では「いただきます」を言わせないで

学校給食の献立別カロリーは?なんと最高◯◯kcal!!

 

  • ~あなたの思い・知見を記事にしてみませんか?~
    • 教員ステーションでは記事内容についてのご意見や記事原稿を募集しています。
    • あなたの声を聞かせてください。有益な情報はサイトでご紹介させていただきます!

    • ご投稿は以下のリンクより受け付けております。
    • みなさまのご投稿、お待ちしています!

      ご投稿はこちらから
    • 掲載時の氏名表記については本名でもペンネームでの対応も可能です。
    • お気軽にご投稿ください。

 

 



記事執筆:はやさか

教育に関わる仕事がしたいと考えている、大学3年生です。
自分自身も教育について考え、理解を深めていきたいと考えています!

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

えっこんな魅力的な求人が!教員免許もいらない!E-Staffのレア学校求人

教員志望の皆さまの中には、私立学校で先生になることを目指している方も多くいらっしゃるでしょう。そんな方に先生になるための方法としてご紹...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

給食でアナフィラキシーショック!?~教員なら知っておきたい、アレルギー対応~-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ