教室に貼り出したりゲームをやったりも?~子供たちに新聞を読ませるためには~-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップ指導法指導ノウハウ教室に貼り出したりゲームをやったりも?~子供たちに新聞を読ませるためには~

教室に貼り出したりゲームをやったりも?~子供たちに新聞を読ませるためには~

2015/02/27

カテゴリ
指導ノウハウ
キーワード
新聞 教育 学校 記事 興味 学級通信 ニュース ネット

はじめに

皆さんは新聞を頻繁に読みますか?私は小さいころ新聞が好きでよく読んでいました。おかげで、ニュースはしっかりと把握することができていましたし、コラム等を読むことで豆知識を得ることもできました。

しかし、今まで新聞にまともに目を通したことがないという友人も少なくありません。そこで今回は、私たちに色々な情報をくれる新聞に興味を持ってもらうには、どうしたらいいのかということについて考えてみました。


ニュースならテレビよりもネットよりも新聞がいい

まず、なぜ新聞がいいかについて考えていきます。

情報の深さ

新聞の特徴の一つが情報の深さです。インターネットやテレビが速報性に富んでいるのに対して、新聞は情報の深さに富んでいると私は感じます。インターネットやテレビではまだはっきりと概要がわからなくても、速報として情報が私たちの元へときます。しかし、新聞の場合はある程度概要がはっきりしてから、吟味されて届いてきます。そのため、インターネットやテレビにはない、情報の深さがあるのです。
 

手元に残る

私が新聞が好きな理由はここにあります。インターネットでニュースを見る場合、スクラップ等をして手元に残しておくにはどうしても印刷する必要が出てきます。ですが、新聞なら、はさみで切るだけです。

このようにニュースをテレビでもネットでもなく新聞で読むことによって、物事に対する深い考え方が身に着き、かつそれをいつでも振り返り思考を整理することが可能になるのです。

どのように新聞に興味を持ってもらうか

新聞でニュースを読むことのメリットはお分かりいただけたと思いますが、それではどのようにすれば子供たちが新聞を読むようになるのでしょうか。

記事に線を引いて学級通信に載せる

中学生の頃、毎週発行された学級通信の裏面に、新聞記事が載っていました。新聞を全く読まない子でも、学級通信の裏となると、みな目を通していました。 先生は記事を載せる際に大切なところ、見て欲しいところに太線を引いていました。そこがピンポイントで頭に残るため、わかりやすかったです。 ニュースだけではなく、勉強方法などの記事が載っていることもありました。
 

記事にコメントを入れて校内や教室の掲示板に張り出す

高校での事例です。新聞記事に自分のコメントを入れて、掲載している先生がいらっしゃいました。 高校生ともなると、学級通信のように配布をされなくても、なんとなく目を通すようになります。友達と話しながら記事を読むことで、話のきっかけとなり、また自分の意見を言ったり他人の話を聞いたりする良い機会となりました。

他にも、様々な方法で新聞記事を提示してくださる先生がいらっしゃいました。
 

生徒にウケる記事とは

このように、様々な場を使って子供を新聞に接させることができるということが分かりました。それでは、中でも特にどのような記事に接させればより子供の興味を喚起することができるのでしょうか。

もちろん理想としては、あらゆる記事に目を通しその中から子供の興味を惹きそうな記事をピックアップするというものがあります。しかし、教員の多忙化が話題になっていることからそのような余裕のある先生ばかりではないと考えられます(学校の先生いわく、文字量で考えると朝刊1回分はで本2冊に相当するそうです)。私自身も、全ての記事に目を通してみようと試みたことがありますが、わからない言葉を調べているうちにざっと3時間は過ぎていました。

それでは、どのような記事に重きを置いて目を通していけばよいのでしょうか。

生徒の飛びつく記事の例として、地元のスポーツ大会の記事やスポーツ選手のインタビュー記事といったスポーツ関連の記事や学力テスト都道府県別順位についての記事や先ほども挙げた勉強方法の記事といった教育関連の記事があります。スポーツ選手のインタビュー記事は、子供たちに憧れがあるためか興味を持たれやすいようです。

また、新聞に載っているゲームのようなものを実践してみるといったことも面白いかもしれません。私も、運動が苦手な子供でも一緒に遊べる運動を新聞で見つけ、それを昼休みにやったところ大好評でした。そうしたことをきっかけに新聞に興味を持ってもらうのもありかもしれませんね。

さらに言うと、生徒に直接興味を持ってもらうというねらいとは少しずれてくるかもしれませんが、教育欄には生徒指導上役立つ事柄が書かれていることが多いため、生徒指導に活かすという意味でも教育欄に目を通すことは有意義なことだと思います。
 

おわりに

冒頭にも書きましたが、私は新聞を読むことが好きでした。もっとも小中学生用の新聞ではあったのですが、中学3年の3月までは日課にしていました。そのため、新聞からニュースを得るということを非常に大切にしています。

今はインターネットでもニュースを簡単に読めるため、新聞を読む機会は減っていると思います。しかし、コラムや評論家の意見などをみると、やはり新聞ならではのわかりやすさがあるなと感じます。 ただニュースを知るだけでなく色々なことを学べるのが新聞です。ぜひ多くの生徒たちに新聞を通して情報を得る楽しさを知ってほしいです。 
 

オススメ記事

学校ではどんな福祉教育が行われている?

【雑学】なぜ音楽の授業で和楽器を弾かないの?・・・など和楽器にまつわる雑学をご紹介!

 


  • ~あなたの思い・知見を記事にしてみませんか?~
    • 教員ステーションでは記事内容についてのご意見や記事原稿を募集しています。
    • あなたの声を聞かせてください。有益な情報はサイトでご紹介させていただきます

    • ご投稿は以下のリンクより受け付けております。
    • みなさまのご投稿、お待ちしています!

      ご投稿はこちらから

    • 掲載時の氏名表記については本名でもペンネームでの対応も可能です。
    • お気軽にご投稿ください。

記事執筆:小林 茜

音楽大学に進学予定の高校3年です。 夢は、音楽を通して1人でも多くの子供達を育てること。憧れの先生を目指して毎日奮闘しています。

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

【短期アルバイト】日給9100円!採点バイトほか-教採に役立つ、子供と関われる教育アルバイト!

大学生活は何かとお金がかかるもの。アルバイトをしたことがある人がほとんどかと思います。しかし、「どうせアルバイトをするなら、教員採用試...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

教室に貼り出したりゲームをやったりも?~子供たちに新聞を読ませるためには~-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ