「改」の「己」部分は、はねる?はねない?-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップコラムちょっとおもしろい話「改」の「己」部分は、はねる?はねない?

「改」の「己」部分は、はねる?はねない?

2012/08/01

カテゴリ
ちょっとおもしろい話
キーワード
国語 漢字 面接 論述試験

「教科書で、はねてないから、はねたら不正解でしょ!」

筆者が小学校4年生だった頃の話である。
ある日の漢字のテストで、「改」の字の書き取りが出た。筆者は、教科書に従って、「改」の「己」部分をはねずに書いた。

テストが返却され、筆者は「改」の字についた丸に満足していた。
しかし、隣の友人の答案をみて驚いた。、「改」の「己」部分をはねて書いているのに、丸がついていたのである。
そこで筆者は友人にこう言い放った。

「教科書で、はねてないから、はねたら間違いでしょ!」

では、実際は、「改」の字の「己」部分は、はねるのだろうか、はねないのだろうか。

 

「はねる・はねない」は字体の違いではない

実は「改」という漢字のとめ・はねについては、『常用漢字表』の『(付) 字体についての解説』における、『第2 明朝体活字と筆写の楷書との関係について』の『2 筆写の楷書では,いろいろな書き方があるもの』で、『(5) はねるか,とめるかに関する例』として、挙げられている。

『第1 明朝体活字のデザインについて』には、このような文言が記されている。

 

常用漢字表では,個々の漢字の字体(文字の骨組み)を,明朝体活字のうちの一種を例に用いて示した。現在,一般に使用されている各種の明朝体活字(写真植字を含む。)には,同じ字でありながら,微細なところで形の相違の見られるものがある。しかし,それらの相違は,いずれも活字設計上の表現の差,すなわち,デザインの違いに属する事柄であつて,字体の違いではないと考えられるものである。つまり,それらの相違は,字体の上からは全く問題にする必要のないものである。

(出典:『常用漢字表』/文部科学省)

 

すなわち、「改」の「己」部分は、はねても良いし、はねなくても良いのである。

筆者は友人に謝罪しなければならない。

 

出典:文部科学省 常用漢字表より はねるか,とめるかに関する例 


面接や論述試験で問われた時、あなたならどうする?

では、面接や論述試験などで、「ある生徒が、改という漢字で、はねているものと、はねていないものがあるんですけど、どちらが正解ですかという質問をしてきた時、あなたはどう答えますか。」と聞かれた時は、どのように回答するのが良いのだろうか?

「文部科学省発表の常用漢字表によると」などと答えても良いが、まずは小さな違いに気づいたことを褒めてあげるのが大切なのではないかと、筆者は考える。

あなたも一度、このお題について、考えてみてはいかがだろうか。

記事執筆:曽我野達也

教員ステーションの運営に携わっている大学4年生です。
教育関連の出来事に、広く興味を持っています!
教員ステーションを通じて、教育を盛り上げていければと思っています!

コメント

教員ステーションの会員登録はメリットいっぱい!会員登録はこちらから!

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

新規会員登録

会員登録(無料)をすると、各種会員限定記事、ライターアルバイト、賞金付きアンケート、私立教員の限定求人情報などの様々な特典がご利用できます。

新規会員登録
ログイン
塾講師ステーションの会員の方は、同じメールアドレス・パスワードでログイン可能です。
塾講師ステーション

おすすめ記事

合格したから語れる!教員採用試験で成功する条件とは?合格者インタビュー【まとめ】

あの自治体の傾向と対策は?教育実習での失敗が、教採の失敗につながる?英語面接や、大学推薦って?合格した後、何をしていた?先生になってみると、○○な先生が多い? など、合格者だからこそ語れる教員採用試験の全貌をまとめました。

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

「改」の「己」部分は、はねる?はねない?-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ