【教員採用試験】論作文の対策ってどうすればいいの?-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップ試験対策論作文試験対策【教員採用試験】論作文の対策ってどうすればいいの?

【教員採用試験】論作文の対策ってどうすればいいの?

2014/07/22

カテゴリ
論作文試験対策
キーワード
教員採用試験 論文 小論文 論作文

教員採用試験の論作文とは?

教採の筆記試験といえば、「教職教養」や「専門教養」「専門科目」などが一般的です。しかし、こういった試験以外にも多くの自治体では「論作文」を課しています。
呼び方は「論作文」の他に、「論文」「小論文」「作文」など様々ですが、400字~1200字程度(自治体によっては無制限)を記述する問題のことです。
論作文は「筆記による面接試験」と呼ばれるほど受験者の個性が表れ、合否にも大きく影響すると言われています。
今回はそんな論文をどうやって対策するべきかについてご紹介します。


論作文ではどんな問題が出るの?

では論作文ではどのような問題が出るのでしょうか?
今回は一例として2014年度、東京都の小学校全科で出題された問題をご紹介します。

次の間題について、1000字以内で論述しなさい。ただし、840字を超えること。
【問題】 特別活動では、一人一人の児童が互いのよさや可能性を認め、生かし、伸ばし合うことができる教育を充実させることか求められています。このことについて、あなたの考えを述べた上で、その考えに立ち、どのように学級経営に取り組んでいくか、述べなさい。

論作文ではこのような「現場での生徒指導・学習指導」などを述べさせる問題や「教育に関する考え」「教師という職業に対する考え」などを記述させる問題が頻出です。
いずれの問題でも客観的な評論のような回答を求められることは少なく、教員となるあなた自身の考えや価値観、行動といったような内容を求められることが多いようです。

求められる能力は?

論作文では「自分ならどうするか」「自分はどう考えているか」ということを分かりやすく、論理的に伝える必要があります。また、的外れな意見を述べることのないように、現場や教育業界の知識も身に着けておく必要があるでしょう。
そのための対策を3つ挙げます。

①数をこなし、型を作ること

私の小論文対策の要は、ひたすら数をこなすことでした。教員採用試験の論文は、各地方自治体によって出題されるパターンが違います。ですから私は東京都で出題される課題のパターンに慣れ、自分の論文の型を作っておくことを心がけました。(東京都国語科合格)
論作文に関しては、まず最初に埼玉県の書き方を知ったほうが良い。論文の基本的な書き方(序論、本論、結論など)を知った上で、埼玉の字数、テーマに沿った書き方を学び、それから執筆するようにすると良い。(中略)論作文は書き方、ルールなどが明確にあり、それを知らないと点数を取ることができないので、何かしらの方法で書き方等を知ることをおすすめする。(埼玉県英語科合格)

教採合格者から多く聞かれたのが数をこなすことです。数をこなす中で、書くことになれるだけではなく、自分なりの論文の型が身に付き、より短い時間で質の良い文章を書けるようになります。
数をこなす前に、参考書などで構成のポイントや注意すべき点などを抑えておくと、より演習が効果的になるでしょう。

②友達と添削しあうこと

小論文の勉強は一人ではできません。お勧めの勉強法は皆で批評し合うことです。まず7~8人のグループを作り、同じテーマで論文を書きます。自分の論文を人数分コピーして配布し、読み合った後で批評します。(東京都社会科合格)
論作文は、絶対に他の仲間たちと勉強会を開いて勉強してください。それが合格への近道です。嫌な思い、悔しい思いもするかもしれませんが、必ずためになりますのでそこは我慢しましょう。誰かに対して厳しく批評する、そして誰かから厳しく批評される、この繰り返しで徐々に論作文は上達していきます。また良い言い回しがあったら本人の了解を得て貰っちゃいましょう。(東京都社会科合格)

次に友達や仲間と論文を添削しあうべき、という声も多く聞かれました。本番の試験では、採点官という他人に読んでもらうわけですから、教員志望者の友人には完璧に理解してもらえるような文章を作っておく必要があります。また、目標を同じくする友人の意見はときに自分にはない新たな視点や気づきを提供してくれることもあります。

③知識を身に着けること

いかに文章を上手く書ける人も、知識がなければ中身のある文章は書けません。
現在の教育の問題点やここ最近の教育のニュースなどは一通り抑え、論文の内容に深みを持たせる必要があります。
教員ステーションのサイト内でも「学び合い」や「国際バカロレア」などの新しい教育法を扱っているほか、毎週重要なニュースを背景知識付きで掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

● 最新週刊教育ニュース

● 2014年上半期、教育ニュースまとめ 


おわりに

教員採用試験で重要な試験の一つとなる論作文の対策についてまとめました。
文章を書く能力や教育に関する知識は一朝一夕で身につくものではありません。
まだ教採が先だという人も日頃からニュースに気を配ることや、大学のレポートなどを分かりやすく書こうと意識することが後々の試験の役に立つことと思います。

教採を受けるなら、ほかの記事も今すぐチェック! 

忙しい教員志望者!みんなバイトはどうしている?

● 教員志望者はどんなアルバイトをすべき?オススメのバイトを4つご紹介!
● 塾講師アルバイトがメリット満載!教員志望者にお勧めの理由5つ 

 

教採を受けるなら、こちらの記事も必見!

● いつから始める?教員採用試験学習スケジュール
● 教員志望者のアルバイト事情は?教採を受けるなら、どんなバイトをすべき?
● 自己PRのポイントが分かる!教採に必須の教員適性診断! 

記事執筆:やまじ

教員ステーションで運営スタッフをしている大学3年生です。
「行動に結びつく情報の伝え方とは何か」を日々考えています。
教員志望者のみなさんの役に立つ情報を発信していきたいです。

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

えっこんな魅力的な求人が!教員免許もいらない!E-Staffのレア学校求人

教員志望の皆さまの中には、私立学校で先生になることを目指している方も多くいらっしゃるでしょう。そんな方に先生になるための方法としてご紹...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

【教員採用試験】論作文の対策ってどうすればいいの?-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ