介護等体験で学びたいことは?実習レポート-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップコラム特集コーナー介護等体験で学びたいことは?実習レポート

介護等体験で学びたいことは?実習レポート

2014/08/07

カテゴリ
特集コーナー
キーワード
介護等体験 社会福祉施設 教職

介護等体験で学びたいことは?教員免許取得のために

現在、小学校及び中学校の教諭の普通免許状を取得するためには、社会福祉施設や特別支援学校で7日間の介護等体験を行うことが義務付けられています。大学によっては、この体験の実施前に、「介護等体験で学びたいこと」についてレポートを課されることもあるようです。

施設体験で学びたいことについてレポートを書く・書かないに関わらず、教員になるのにどうして社会福祉施設での体験が必要なのか、疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。筆者もそんな思いをもって5日間の社会福祉施設での体験に臨みました。
 

一日のスケジュール

8:30   朝礼
8:45   体調などの確認
10:00  レクリエーション(ラジオ体操)
12:00  昼食の配膳
13:00  休憩
14:00  レクリエーション(書道、はり絵、音楽など)
15:00  おやつ
15:30  利用者との談話など
17:00  体験終了

 私がお世話になったのは中長期利用者が中心の施設。午前中はスタッフの方について介護福祉の仕事の見学が中心、休憩をはさんで、後半は利用者の方との交流が中心でした。

 

教職において「介護」「福祉」を学ぶ意義

介護等体験の目標

 1日のはじめの仕事は、スタッフの方とともに各利用者の部屋を周り、体調の確認をしたり、身体が自由に動かせない方の体位を変えたりするのを見学しました。しかし、お手伝いできることはほとんどなく、「介護に関する専門的な知識がないと何もできない」と感じると同時に、「私は介護福祉士になるわけではないし…」という思いがありました。 

 でも教員になるに当たって、まずは現状を知ることに意味があるのではないかと思います。みなさんもご存知の通り、日本の社会は高齢化が進み、世界のどの国もこれまで経験したことのない高齢社会を迎えています。これにともない、介護や支援を必要とする人数も増加傾向にあります。みなさんが教員になってから出会う子どもたちの家庭でも、介護が行なわれている可能性は十分にあります。

 知識として知っていることと、体験や経験として知っていることはまったくちがいます。介護にともなう肉体的・精神的な疲労は、想像をはるかに超えるものでした。そして、それをサポートしてくれる人、あるいは施設などのサービスのありがたさを感じました。それを知っていると知らないとでは、高齢者や介護について子どもたちに話すときも、介護に携わる保護者やその子どもたちへの接するときも、心持ちが変わってくるのではないでしょうか。 

「コミュニケーションをとる」

 午後、特におやつのあとの時間は、「利用者さんとコミュニケーションをとる時間にしてください」という指示を受けました。ホールでテレビを見ている利用者さんの隣に座り、なんとか会話を試みますが、人見知りの私はなかなか会話を続けることができません。それでも何とか話題を見つけて…としていると、スタッフの方から「特定の方だけでなく、みなさんとコミュニケーションをとってください」と言われてしまいました。

 そもそも、「コミュニケーションをとる」とはどういうことなのでしょうか。「コミュニケーションをとるのが上手な人」というと、社交的な人であったり、話し上手な人をイメージしてしまいがちです。しかし、人見知りの私にはハードルが高すぎます。そこで、もっと気楽に考えることにしました。

 たとえば、「◯◯さん、お茶をどうぞ」と名前を呼んでみたり、「◯◯さんのお洋服はすてきですね」ととにかくほめてみたり、目が合ったら笑顔で返すというだけでも、「コミュニケーションをとる」と考えてもよいのではないでしょうか。反対に、このような小さなコミュニケーションこそ大切にしなければならないと思います。コミュニケーションの大切さという点では、教員も同じですよね。
 

介護等体験から学んだこと

 5日間の体験を終えて、社会福祉施設での体験が教員になってからどのように活かせるのかということがわかったような気がします。体験前に考えていたよりも、ずっと多くのことを学びました。関係ないということは決してありませんので、せっかくいただいた機会からひとつでも多くのことを学ぶ姿勢で臨みましょう。 
            (参考)内閣府 平成25年版高齢社会白書(概要版)

 

教採を受けるなら、ほかの記事も今すぐチェック! 

教採受験は大変……忙しくなる前にしっかり稼ぎたい方へ!

 

教採を受けるなら、こちらの記事も必見!

● いつから始める?教員採用試験学習スケジュール
● 教員志望者のアルバイト事情は?教採を受けるなら、どんなバイトをすべき?
● 自己PRのポイントが分かる!教採に必須の教員適性診断! 
 

介護等体験とは?意義や目標を知る

教員になるためにどうして介護等体験が必要なの!?
実際に行ってきました!介護等体験!~特別支援学校編~

記事執筆:新井宏美

教室をすべての人にとって学びの空間にしたい!
そんな思いで教育学を学ぶ3年生です。
これからの「教育」を創りあげていくみなさんのお手伝いができれば幸いです。

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

【短期アルバイト】日給5万円のエキストラバイトほか-教員志望者向け!短期バイト(大阪・京都・神戸)

教員志望者の中には、教職が遅い時間に入ってしまったり、課題が多かったりして、なかなかアルバイトをする時間がない、という方が多いのではな...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

介護等体験で学びたいことは?実習レポート-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ