受験者に聞く!教員採用試験のキホンQ&A②-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップアンケートアンケート結果教採受験者に聞きました!対策と反省受験者に聞く!教員採用試験のキホンQ&A②

受験者に聞く!教員採用試験のキホンQ&A②

2013/12/03

カテゴリ
教採受験者に聞きました!対策と反省
キーワード
アンケート 教員採用試験 教員採用試験対策 学校ボランティア 塾講師 家庭教師

はじめに

 アンケート企画第10弾 【緊急アンケート】教員採用試験について教えてください!! では、なんと97名の方にご回答いただきました。ご協力いただき、ありがとうございました!!

 そんな、今年の教員採用試験を受験した97名のホットな意見をもとに、受験生のみなさんの疑問に答えます!

 

受験者に聞く!教員採用試験のキホンQ&A①
 Q1. みんなどのくらいの時期に試験対策を始めたの?
 Q2.いくつの自治体を受験するの?
 Q3.予備校に通ったほうがいい?
 も併せてご覧ください!

 

Q4.学校ボランティアって必須なの?

 本当に意味があるの?「学校ボランティア」にもありますが、今や学校ボランティアは教職を目指す学生にとって、“必須”事項であるとも言われています。では、実際はどうなのでしょうか。

A. “必須”というわけではないけれど…

 

 

 100%ではないものの、小学校志望者のほとんどが学校ボランティアの経験があるようです。「ない」と回答した人の多くは高校志望者でした。

 合否との関係を見てみると、「ある」人の67%、「ない」人の50%が合格でした。今回のアンケート結果を見ると、学校ボランティアは“必須”というわけではなさそうです。しかし…

  • 「学習支援系のボランティアは面接でかなり良い評価をいただきました。」(やまあつ 東京都・小学校)

 このように、ボランティアの経験について面接で詳しく聞かれたという人は多くいらっしゃいました。さらに、やまあつさんのように、プラスの評価をしてもらえる可能性もあります。

 

  •  「生徒の実態を知るためにも学校ボランティアなどに参加した方がいいと思います。」(しげ 神奈川県・特別支援)
  • 「もっと多くのボランティアに参加すればよかったと感じています。」(りんむー 千葉県・中高・英語)

  また、実際の現場に入り、現場を知ることができる学校ボランティアの経験は、模擬授業や場面指導を考える上で役に立ったという意見が多く見られました。りんむーさんのように、「もっとしておけばよかった」という声もたくさんありました。ボランティアの経験は、試験対策はもとより、現場に出てから役に立つことが多そうです。

 

Q5. 塾講師や家庭教師の経験は有利?

 学習指導案をつくったり、実際に子どもたちに「教える」ことを経験できる点では、もっとも教員に近い仕事ともいえる塾講師や家庭教師。ではこの経験は有利?それとも…

A. 教務力の点では経験者が有利か

  

 塾講師・家庭教師のアルバイトを経験したことがあるのは全体の64%という結果でした。経験者の中では、個別指導や家庭教師という、児童・生徒と一対一で教える経験を積んだ人が多かったです。

 この結果をもとに、問題の「塾講師・家庭教師の経験は有利か」ということを、合格率から検証してみました。それが下のグラフです。もっとも高かったのが集団指導の講師をしていたというグループ(77%)。子どもたちの前で授業をすることで、授業の展開力や「一対多」のコミュニケーション能力を鍛えることができるのでしょう。続いて、家庭教師と個別指導は、子どもと「一対一」という中でごまかしのきかない指導力に磨きがかかります。

 

 しかし、このようなことを聞いたことはありませんか?

  • 「教員採用試験で塾講師の経験は語らない方が良いとよく聞くのですが、本当なのか都市伝説なのか知りたいです。」(ばじた 東京都・中高・国語)

 これは筆者の考えですが、塾講師や家庭教師と公教育を担う教員は、そもそも教育の目的が異なります。そのため、“塾の教育観”が軸にあると、もしかしたらあまりよい評価が得られないのかもしれません。学校とは似て非なるものであるということを念頭に置き、学校教育の場に塾での経験を活かすというのであれば、有効なのではないでしょうか。

 

塾講師に関する情報を収集するには!→塾講師ステーション情報局

 

塾講師の求人はこちら!

塾講師は、教員になるにあたって必要な能力を養いながら、お金を稼ぐことができる一石二鳥のお仕事です。
日本全国の集団塾、個別塾を幅広くご紹介!
あなたの大学生活に最適な求人がきっと見つかります!

 

おわりに

 いかがでしたか。これから受験をするみなさんの疑問が1つでも解決できたら幸いです。

 さて、次のテーマは筆記試験対策です。
 「一般教養」「教職教養」「専門教養」の3つから構成される筆記試験。幅広い分野から出題されるにも関わらず、確実な得点が求められます。いったい、先輩たちはどう対応したのでしょうか。→教採受験者に聞く!筆記試験対策とポイント

 

アンケート企画第10弾【緊急アンケート】教員採用試験について教えてください!!
に関するアンケート結果についての記事はこちら!

・受験者に聞く!教員採用試験のキホンQ&A /

教採受験者に聞く!筆記試験対策とポイント

教採受験者に聞く!オススメの参考書

受験生に聞きました!「面接ではどんなことを聞かれるの?」

・受験生に聞きました!二次試験受験&対策のポイント

【番外編】受験生の身に起きた「まさか!」の出来事 

・ 教採の倍率、まとめました! 

教員になるには?知っておきたい教員免許のこと

教員採用試験の倍率は?あなたの自治体はいくつ?

 

絶対に!今すぐに!教員になりたい方!
教員採用試験のスケジュールと一緒に私立教員になる準備も!
私立の急募情報をこちらで随時更新しています。

記事執筆:新井宏美

教室をすべての人にとって学びの空間にしたい!
そんな思いで教育学を学ぶ3年生です。
これからの「教育」を創りあげていくみなさんのお手伝いができれば幸いです。

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

教員志望者はどんなアルバイトをすべき?オススメのバイトを4つご紹介!

教員志望者の中には、教職が遅い時間に入ってしまったり、課題が多かったりして、なかなかアルバイトをする時間がない、という方が多いのではな...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

受験者に聞く!教員採用試験のキホンQ&A②-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ