「好きなのに…」大人顔負け!子どもの恋愛相談-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

教員ステーショントップコラムちょっとおもしろい話「好きなのに…」大人顔負け!子どもの恋愛相談

「好きなのに…」大人顔負け!子どもの恋愛相談

2013/09/29

カテゴリ
ちょっとおもしろい話
キーワード
子ども 相談 悩み 電話 恋愛

そんなこと聞く?子どものびっくり質問

小さなころは誰もが持っているのに、大きくなるにつれて次第に失ってしまう、「自由な発想」。残念ながら、大人は固定観念に縛られてしまうことが多くあります。だからこそ、子どもの柔軟な考えに驚かされることは多いですよね。今回はその一例として、驚かずにはいられない、恋愛に関する子どもからの質問をご紹介します。どれも、以前TBSラジオで放送されていた「全国こども電話相談室」で実際にあった質問です。回答役の先生方のコメントもとても素晴らしいので是非ご一読ください。
 

聞かれた方が恥ずかしくなってしまう?

プロポーズって何ですか?(小2・男の子)

回答は、「プロポーズと言うのは、今あなたがやっていることと同じかもしれません」という文から始まります。相手の意志がなければ結婚は成り立ちません。だからプロポーズというのは、相手に「自分と結婚しないか」と聞くこと、提案することなのだそうです。普通は「結婚を申し込むこと」だと考えがちですが、「聞くこと、提案すること」だと考えると、なんだかプロポーズがより優しい響きを帯びてきますね。
 

好きな人に告白する言葉を教えて (小6・女の子)

これは大人でも知りたい方が多い質問でしょう(笑)まず、この回答として、「好きです」という言葉は勧められていません。回答した先生は、それよりも「共感」が大事だと仰っています。同じ食べ物を食べているとき、同じ景色を見ているときに、同じように「おいしい」と思う、同じように「美しい」と思う。そのように、共に感動しあうこと、同じ感情を抱いていると分かることが、お互いの心が近付くことにつながるのだそうです。回答は、2人になって、2人で感動してみて、というアドバイスで締めくくられています。
 

2月14日に好きな男の子にチョコをあげたんだけど、返事が返ってこないので、いつどうやって聞けばいいのかなって…。 (小5・女の子)

小学5年生の女の子が、もう卒業してしまった6年生の男の子を想って聞いた質問です。先生は、女の子に2通りの方法を教えています。 まず1つ目は、「チョコレートおいしかった?」と素直に聞くこと。「おいしかった」と言われたら、素直に喜びます。返してもらおう、なんて思ってはいけないということです。2つ目は、「卒業しても連絡をくれる?」と聞くこと。「中学校での生活の様子を教えて」とお願いするのです。女の子から押し寄せても、男の子は照れてしまってかえって素っ気ない態度をとってしまうかもしれないので、少し控えめなぐらいが良いのだそうです。
 

おわりに

いかがでしたでしょうか。子どもの柔軟な発想に触れることは、今まで当たり前だと思っていたことをとらえ直す良いきっかけにもなりそうです。これは、他の職業ではなかなか味わえない、教員ならではの魅力ではないでしょうか。
 

参考・引用:TBSラジオ「全国こども電話相談室

 

子どもは予測不可能!?こんな子どもたちも

記事執筆:瀬戸 亜希菜

教員ステーションの運営スタッフをしている大学4年生です。
教育に携わる全ての方のお役に立てると嬉しいです。

コメント

キーワード

関連カテゴリの記事

新着記事

おすすめ記事

【短期アルバイト】日給5万円のエキストラバイトほか-教員志望者向け!短期バイト(大阪・京都・神戸)

教員志望者の中には、教職が遅い時間に入ってしまったり、課題が多かったりして、なかなかアルバイトをする時間がない、という方が多いのではな...

おすすめ書籍一覧はこちら

コンテンツ協力

教育の次代を創る 日本教育大学員大学

東京アカデミー

「好きなのに…」大人顔負け!子どもの恋愛相談-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーションページ上部へ